MENU

良い生命保険の営業マンとは

営業マンから生命保険の加入を勧められた時、その営業マンが、よい営業マンかどうかを判断することも大事ですね。まず、やはり、どの程度生命保険に関する知識を持っているかどうか、ですが、知識・スキルは、資格証明を見せてもらえば、ある程度持っていると考えてよいでしょう。大事なのは、生命保険に関して、わかり易く説明できる能力があるか、そして、何より、顧客を考えてくれる営業マンであるかどうかが大事です。例えば、自身が取り扱う生命保険の商品よりも、他社生命保険商品がそのお客に向いている場合、自分の営業成績に関係なく、お客の立場に立って、他社の商品が良いのならそれを勧める、または、そういう情報を与える、ということをしてくれるのは良い営業マンと言えます。また、自分が扱っている生命保険の商品で、新規契約申込では、規定上対応できない保障でも、保全(アフターフォロー)としてならできる(入院の時のいろいろな特約など)ケースがあったりします。しかし、保全という取り扱いは、自分の営業成績ににならないことが多く、どうせなら新規契約になる、契約転換などを勧めるというケースが多いものです。こうした時でも、契約転換以外にもいろいろ方法があることをちゃんと説明してくれる営業マンが望ましいものです。営業マンが新人の場合、最初は距離をおいて静観してみることです。余裕があるなら、いろいろ生命保険に関して質問してみるとよいでしょう。その対応の仕方で、その営業マンの人間性がわかるものです。営業マンに向かないような人に限って、頭の中はいろいろと生命保険に関する知識があったりします。新人でも、利用の価値はあるものです。新人営業マンは、知識を売り物にしながら、営業力を身につけていくのです。新人さんだから、知識もフレッシュなものです。フレッシュな知識は、生命保険に関する最新の情報として役立ちます。やはり、未熟であっても、お客のために一生懸命の人がいいのは間違いありません。営業マンには、生命保険に関して、とにかくやたらと見積書や、設計図を作っては持参し、説明したがる人もいます。しかし、これは、会社の方で、見積書の作成をある程度ノルマとして課しているところもあるからです。確かに、具体的な数字を示しながら説明してもらえるのはありがたいかも知れませんが、要は、その中身が肝心です。きちんと自分の必要な生命保険の補償を考えてくれているか、わかりやすく説明してくれるかどうかもチェックしなければいけません。

公的介護保険について

公的介護保険について紹介したいと思います。公的介護保険というのはどのような保険なのかというと、40歳以上の人は必ず加入しなければならないことになっている公的な保険の事です。40歳から64歳までの人は、健康保険料と一緒に介護保険料の支払いをすることになりますし、65歳以上の人は公的年金からこの介護保険料が天引きされることになります。公的介護保険が 受けられる人というのは認められた人だけに限られています。

 

例えば要介護状態に当たる人の受けられる施設やサービスも決まっていますし借りることの出来る物なども決まっているのです。公的介護保険の場合はサービスの提供のみになりますから実際には認められている介護サービスだけでは不足しがちだといわれています。こうなる前に、生命保険会社の介護保険に加入しておくことが大切です。生命保険会社の介護保険の場合は公的介護保険のサービスと違って、保険金が給付されますから、お金をもらうことができます。介護をする人が仕事をやめなくてはならなくなったときなどに収入が減ってしまったりしても生命保険会社の介護保険があれば安心ですが公的介護保険だけだと一銭もお金は支払われませんからサービスだけを受けることになります。

外資系保険会社

保険会社というのは今までだと日本の会社が多かったのですが最近では生命保険業界に外資系の保険会社が入ってきました。しかも日本のバブル時代に外資系が参入してきて保険を沢山売ったのですがその頃の外資系の保険会社は今では影もありません。今はまた別の外資系の保険会社が根付いています。外資系の保険会社というのは日本の保険会社の保険に比べると保険料が安い場合が多いのですが、なぜ外資系の保険の料金が安いのかというと、配当金という制度が外資系の保険会社にはないからだといわれています。保険の配当金というのは、保険会社が加入者から集めたお金が保険金として使われなかった場合には、保険金が余ってくると思います。それを、契約している人に配当金として支払うのが日本の保険では一般的です。

 

しかし外資系の保険の場合には、どんなに利益が出ても、保険の配当金はありません。ですから保険の配当金がない分、保険料自体を安くしているので、外資系の保険会社の保険料が安いのです。外資系の保険会社で有名なところではアリコジャパンやプルデンシャル生命、チューリッヒなど今の日本では外資系の保険会社の方が加入しているシェアが多くなっている商品もあります。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1顎ニキビの治し方10
2顎ニキビ10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1顎ニキビ10
2顎ニキビの治し方10